FC2ブログ
大阪ドリームランド
Q壱さんが絵と漫画を描くブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1ページ漫画
osakadan003a68.jpg


コマ割り研究のために描きました。


あまりの不得意意識から背景を描くことを

今回はサボってみたんですが、


背景を描いた時より読みやすい


という悲しき事実が押し寄せてきて泣きそうです(笑)。
スポンサーサイト

テーマ:自作マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

なんだかんだフレンダ
フレンダ93a


またフレンダ描きました。

絵を描くときにポーズなんて全く思いつかないので

日常生活の一コマを切り取ったようなポーズで逃げてみました(笑)。

テーマ:イラスト - ジャンル:趣味・実用

夏、真っ逆さま
summerisland90a.jpg


背景が雑と思われるんじゃないですかね…

でもね、これね…、

全力なんですよね…


キャラは当然ながら背景もちゃんと練習せなあきませんね…。

テーマ:イラスト - ジャンル:趣味・実用

ラスト・オブ・アス
lastofus.jpg

今更なんですが

『ザ・ラスト・オブ・アス』、クリアしました。


あのね…

ストーリーがゲーム史上最高!

コイツは凄い!!完璧でした!!

世にあるゲーム全てをやったわけでもないくせに

そんなことを言ってしまうぐらい凄いです(笑)。


要はね

隣人に対する愛を取るか?

それとも、

社会全体の平和を取るか?

っていう話なんです。


これはね…プレイしたことない方

もうぜひぜひやってみてください!

本当にモラルのある人が書いた脚本だと思います。

ほんとに凄い!!

海外の評価でPS3の最高傑作だったと言われてて

ずっと気にはしてたんですけど、もっと早くやればよかった…。


僕は以前からよくこのブログで言ってたんですけど

巷にあふれる安易な人生哲学や自己啓発、

「こうすれば人間は幸せになれるんだ!」みたいな

内集団に限られた生き方、公意識(保守系の人が使う全体主義的な

意味ではないです)に欠ける説教なんて

ただのプロパガンダにしかならないんですよね。


そんな寝言言ってる暇があるなら社会運動に加われって

思いますし、そういうのを作品に盛り込む人って

自分が作中で言わせてた事が現実に当てはまらない

ケースがあっても絶対に責任を取らないじゃないですか?

謝る人すら僕はまともに見た事が無いですしね…。


だいたい知識人でもなけりゃ偉大な聖人でも無い

ただのプチ成功者に弱者の生き方に口出し出来るほどの

人ってそんなにいないですよ。

言いたくなる気持ちは分かるんですけどね…。


その手の事を踏まえましても、ラスト・オブ・アスのストーリーは

ストーリーでもってプレイヤーに訴えかけているのが

本当に素晴らしいです。

安易な悪人などを用意してこっちの方が正しいんだ!みたいなのも

無いです。素晴らしい。


よくあるでしょ?

漫画家が自分の描いたストーリー漫画のキャラクターを借りて

社会に言いたいことを口で言わせるアレですよ。


まあ、言わせたかったら言わせてもいいとは思うんですけど

その言葉が否定されることなく、笑いものにされることなく、

加害者になるわけでもなく、無視されるわけでもなく

主人公の言葉が正しさの一環としてストーリーが

進んでいくのって僕は凄く卑怯だと思うんですよね。


しかもそういうのって得てして架空の反論者を用意するんですよ。

そしてその反論者は紋切型で必ず感情的で単純な

人間なんですよ。


上 現実に反論者と向き合って議論する

中 自分の意見を示威行動や署名などで訴える

下 反論者のいないところでぼやく


という感じで考えてみた場合、

僕なんかは中と下をいったりきたりするソレなんですけど(笑)、

その手のクリエーターのやってる事はこの「下」よりもさらに下で

「架空の感情的で単純な反論者を用意して、見た目も中身も

作者とはまるで違う架空の冷静な主人公キャラクターに

勝った雰囲気にさせる

っていうやつですからね。

よく考えてみればかなり最低な行動だと思います。


自分も気をつけたい!(笑)


まあともかく!

この『ザ・ラスト・オブ・アス』はその手の作品にありがちな

ソレでは無く、どのキャラクターにも一定の感情移入をさせられる話で

それでいて納得させられる脚本です。

話を作る上手さが光ります。ただただ凄いです。


ここから凄まじいネタバレなんで気をつけて欲しいんですが

あのね

主人公は結局「隣人愛」を選ぶんですね。

で、その結果世界平和はおろか、隣人にすら去って行かれるという

なんとも現実的で厳しい運命を匂わせてスタッフロールが

流れ出すんですよ!

もう!最高ですよ!これだ!!っていうね(笑)。


そこに至るまでの主人公の葛藤も娘の死を土台にするもので

無理が無く納得させられるものだと思われます。

まさに完璧です!


芸術映画の領域に踏み込んでますよね…。

ほんとに凄い。

そして、このゲームのストーリーが海外でこれ以上ないほど

高く評価されているのも嬉しいです。


GTA4の時と同じようなことを言ってますけど、このストーリーが

高い評価を得るという事で僕は希望が持てるなと思いました。

やっぱりそうなんだ…、この国のメディアは保守しか求めてないけど

世界に出ればそれは変わるんだっていう気持ちにさせてくれます。


あ、そうそう

ゲーム部分はゲーム部分でこれがまた

めっちゃくちゃ面白いんですよね…(笑)。

音頭をとった制作者は間違いなくMGS3をやり込みまくった

タイプだと思います。面白さがよく似てると感じました。


ゲームとして遊んでよし!

芸術作品としてストーリーを楽しんでよし!


という究極のゲームの中のゲームという感じで、

子供の遊びと言われてしまう「ゲーム」が進化して

ついにこのゲームが生まれたというのはぶっちゃけ

人類の遺産と言っていいと思います。

いやいや、本気で言ってますよ?(笑)


とにかくもう満点以上を上げられないのが悔しい

っていうような感じの凄いゲームでした。


テーマ:イラスト - ジャンル:趣味・実用

4コマ漫画
manga4koma002.jpg


「あ、このままではオチが弱いな」

と思うとすぐに僕の場合、主人公を殺しちゃうんですね…(笑)。

死ねば笑いが取れると思っているのか?っていう話なんですけどね

ほんとに。

テーマ:自作マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

copyright © 2018 大阪ドリームランド all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。