大阪ドリームランド
Q壱さんが絵と漫画を描くブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はがないの理科と、マジックソードと、ゴエモンと
【はがないの理科】

dddttt6.jpg

逃げよったで!

こいつ、背景にあったキャラクター全部削りよったで!(笑)

他のキャラクター全部に色を塗ることから逃げよったで!


でも、ええじゃないか、ええじゃないか、…ということでね…。


mko111.jpg

しかしあれですよ。

前回言ってた最新刊の『僕は友達が少ない CONNECT』という

番外編を読み終わりました。


この「志熊理科」というキャラクターが元々好きだったのですが、

番外編でありますCONNECTを読んで余計にいいなと思いました。


どうせうちのブログを読んでる人の99パーセントが興味ないというのは

分かってて説明しますが(笑)、あのね、

あの~…、本編でエロい事ばかり言ってる娘なんですよ。


そのエロい娘がね、そういうエロい事を言いながらも心の中では

どういう事を考えていたのか?ということを過去のシーンを

振り返りながらえがかれるのがね、凄くね、よかったです。


何がよかったか!?


1、孤独な人の心情描写がリアル


文句ばっかり言ってるんですよ。ネットスラングとか使って。

ず~っと。心の中だけで。他人を見下してるんですね。

そういうとこがリアル。


2、頭の中の他人と現実の他人は違うというのが

   分かりやすく描かれている

人の思いやりに触れて、孤独な人の思い込みの世界が変わっていく

描写がなかなかに良い感じです。


3、理科の挿絵が可愛い


以上でございます(笑)。



【マジック・ソード(1990年カプコン)】

majikkusod3.jpg

こっちは『マジックソード』ですわ。


少し前から描き始めていて、何も言わずにいきなりこんな絵を

完成させてびっくりさせるぞ!とか思ってたのですが、

よく考えたらそんなことで誰もビックリしないという事に気付きましたので

途中段階でも公開(笑)。


なにはともあれ、両方の絵ともに気持ちが乗ればpixivに投稿したいと

思ってます。


【ゴエモン天狗り】

mko131.jpg

ゴエモン天狗り、やり始めました。

面白いです!今更ですが(笑)。

ゴエモンシリーズのとっつきやすさはまた格別で、

身構えてやる感じが無くていいですね。


初代ゴエモンやゆき姫のポスターが貼ってあったりする

遊び心も素晴らしいです。

こういうの好きですわあ…。


・・・。


しかし、あれですよ…。

ひとつゲームを進める上で心配してることがありましてね…。


あのね…、

同じDSのドラクエ9がそうだったんですが、2004、2005年以降に

作られたゲームとかそういうのって、あれなんですよね…、

前回言ってたような

「見当違いに社会的な弱者やマイノリティを見下して笑う」ものや、

いや~な表現のセリフなどが出てくる時期なんですよね…。


要は小泉内閣時代から具体化し始めた規制緩和による

貧困層からの搾取をごまかすためにメディアを使って、徹底的に

行った扇動が実を結び始めた後のゲームなんですよね…。


自己責任
ニート
クレーマー
ゆとり
平和ボケ
品格



…とか、こういう「ん?」ってなる言葉を妙なぐらい使い始めた

マスメディアにあっさり乗っかっちゃったのが、日本のオタク業界でして、

この頃ぐらいから、ゲーム、漫画、アニメでこの手の表現が出てこない

日は無いっちゅうぐらいでしょ?


しっかり調べれば分かることなんですが、この手の変な言葉が

頻繁に使われる背景には必ず大企業、官僚、政府、にとって

ごまかしたい何かがあるんですよね。


近年で言いますと、

メルトダウンと、原子力村の莫大な利権と、軍事転用のための原発

という真実を隠すために「風評被害」なんて言葉が使われましたよね。


「生活保護の不正受給」も、貧困層のセーフティーネットをより引き下げる

ために散々使われました。

実際には生活保護を受けなければならないレベルの

貧困者が窓口ではじかれ、餓死したり自殺する事態が

後を立たない緊急を要する状況になっているのです。

それをごまかしつつ、さらなる非人間的な搾取が進んでいくわけですよね。


だからクリエイターっていうのは、そういうのに乗ったらあかんわけです。


むしろ体制のそういう隠された罪を暴いていくようなものを

作品の中に練りこんでこそ真のクリエイターであるはずなんですけど、

近年はもう完全に体制側のプロパガンダを助けちゃってるのが

多いですね…。意識してか知らずか知りませんが…。


悲しいことですよ、ほんとに…。

信念が無いですよね…。


このゴエモンの中にそういうのが無かったらいいんですが…、

って考え過ぎですかね…(笑)。

でも、多いんですよね、この頃ぐらいのものからほんとに…。

僕があんまり新しいゲームをやりたがらない理由の一つでもあります。


なんにせよ、ゴエモンシリーズは大好きなシリーズですので、

そういう嫌な表現が無ければほんとに嬉しいのですが…。


…ってゴエモンから、なんでこんなブルーな話になるの!?(笑)


(追記:嫌な表現、ありました。正直むかついたので売りました(笑))

 
スポンサーサイト

テーマ:イラスト - ジャンル:趣味・実用

お蔵入り
【SYB48】

syb241.jpg

あともうひとつのブログでやろうとしていたSYB48の

ソレの絵がお蔵入りになったままほったらかしになってます。


tsurutarou11.jpg

鶴太郎のおでんとか…。

どこで使うつもりだったんだっていうね…(笑)


syb2211.jpg

あとはこんなんとかです。

色々話を考えてたんですが、全部お蔵入りになってしまいました。

残念。時間の無駄でした…。


こういう事が無いようにしないといけませんね今年は。

ほんとに時間がもったいないですよね。

テーマ:イラスト - ジャンル:趣味・実用

ワルキューレとサンドラとコアクマンの絵
【ワルキューレの伝説】

valklie12.jpg

それはともかく、先月のクリスマス用に描いたワルキューレのそれです。

サンドラにコアクマンなんかも描いちゃったりしてね…、へへ…。


こういう名作ゲームのイラストを描くと楽しいです。やっぱり。

あと、個人的に「この方向で行くか!?」という絵の手応えみたいな

ものをね…、へへ…、感じましてね。


あ、そうですね…、僕が勝手に思ってるだけです…(笑)。


あくまでも個人的に自分の方向性が見えてきた!!

そのぐらいには成長してきた気がする!!

…という話でございました(笑)。

テーマ:イラスト - ジャンル:趣味・実用

2013年の最初に2012年の反省をしたりとか、『僕は友達が少ない』のラクガキとか、でろでろ道中とか、そんなん色々
【2012年の反省会】

1itinenroku222.jpg

こうやって昨年描いたものをまとめてみますとですね…、

むちゃくちゃ…?


1月 サウザント (アニメ『バスカッシュ!!』)
2月 DJボーイ (レトロゲーム)
3月 スノーブラザーズ (レトロゲーム)
4月 つんく
5月 SYB48 (オリジナルの架空アイドル)
6月 J(ジェイ) (レトロゲーム『ファイナルファイト』)
7月 式波・アスカ・ラングレー (アニメ『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』)
8月 カナブンの死骸
9月 ICO (ゲーム)
10月 綾波レイ (アニメ『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』)
11月 鈴原サクラ (アニメ『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』)
12月 ワルキューレ (レトロゲーム『ワルキューレの伝説』)


何が描きたいのか全然定まってない感じが逆にロックンロールですかね(笑)。


イラストも反省することが多いんですが、漫画はもっと反省が必要だなと

思いました。


sybs48hansei.jpg

例えば前回描いたSYB48の漫画の内容とかね…。


よくよく考えてみますと、これは何と言いますか…、

「社会的な弱者やマイノリティを笑ってるだけの内容」かなと思いました。


っていうか、よ~く考えてみますと、今の日本の笑いというもの自体が

こういうマイノリティの行動などを笑うものが多いですよね。

僕も普段から意識せず言っちゃってるかもです…。いかんなあ…。


そんなわけで…


2013年、このブログでの目標!!


1、弱者を差別するような笑いを少なく!!(0を目指して)

2、筋肉の構造をちゃんと理解して描いていく

3、超大作SF漫画(笑)とやらに着手し出す。


特にね。


ゆうてたよね…。

やらなあかんで。

それが目的でこのブログを立ち上げたんやからね…。

頑張りいや。

うん。


tunku234.jpg

それと4月の「つんく」が気になるところですが、

これはお蔵入りにした漫画の一コマです。

いきおいで描いたのですが、描き終わってから読み直してみますと、

弱者を笑うとかそんなレベルじゃないほどひどい内容の漫画だったので

無かったことにしました(笑)。


そういう絵とかも結構あります。

人間、時々おかしくなって変なもんをアレしてしまったりするもんですね…(笑)。



【ラクガキの時間】

前に【ラクガキパワー】なる落書きを見てもらうだけのコーナーを

立ち上げたんですが、さっそく名前変更です。

これからは【ラクガキの時間】でいきます。


ほんだらみんなで合言葉!そろえて言おう!!

せ~の…、



ショックドクトリン!!!



〔僕は友達が少ない〕
dddttt4.jpg

はい、そんなわけでラクガキです。

これはあれですよ…。

大人気ライトノベル作品『僕は友達が少ない』のそれです。


hou116.jpg

アニメとコミックの方は前から知ってて楽しんでたんですけど、

店頭で一冊原作のライトノベルを立ち読みしたところ、

「ああ、これ面白いわ…やばいわ…」という感じでズルズルと

全巻揃えるまでに至りました(笑)。


今ちょうど最新刊の『僕は友達が少ない CONNECT』を読んでます。


確か今晩から関東ではアニメの2期が始まるんですよ。

そんなわけなので早く色まで塗ってこの絵を完成させて、

ブログ記事にすると同時に『僕は友達が少ない(通称:はがない)』を

時流に乗って語りつくしてやりたいと思います。


〔クイズきらめきスターロード〕
valkyli2.jpg

そいで次はね、97年頃にゲームセンターに置いてあった

『クイズきらめきスターロード』というアーケードゲームの絵でございます。

要は恋愛ゲームの要素を入れたイントロクイズゲームで

昔よくやってたんですよ。

メガネの娘が可愛いという理由だけで(笑)。


hou112.jpg

DSにも移植されてましてそっちは普通のクイズゲームになって

るんですが、移植度高くていい感じです。

持ってるのにあんまり遊んでないですが(笑)。

現在、200円ぐらいが相場です(笑)。


でも、なんか途中で「何で今このゲームの絵を描く必要が?」と

思って絵が止まってしまっていたのでラクガキで終わりました(笑)。


でも、気が向いたら完成させるかもです。


【ゴエモンおばけてんこ盛り】

goef12.jpg

ほいでまあ、なんだかんだで「でろでろ道中」やってます。

おもしろいです。

なるほどちょいとプレミア価格になるわけだと納得させられるほど

64のゲームにしてはよくできてます。

色んな部分で凝ってますわ。今更ですが…(笑)。


随所で笑わされるのもいいですね。平和で(笑)。

画像の「アナタ、相談する?」ってこれ

関西限定のテレビCM「アナタ、車買う?」のハナテン中古車センターの

それですよね(笑)。

今更ですが、面白いです、こういうのほんとに(笑)。


goef11.jpg

あと毎回任天堂の目を盗んで入れようとしてくるエロスなのですが、

でろでろ道中は「テレクラ」だったんですね(笑)。

この画面を見てガクッと力が抜けてしまうぐらい笑いました。


一応子供相談室の体でやるミッションなのですが、

この個室と内装と電話が完全にそれですね(笑)。

やえちゃんにテレクラを体験させようとするスタッフのSさも含めて

楽しんでおります。


goe23.jpg

で、クリアしたんですけども(笑)。

個人的に64のベストゲームになりました。

ほんまに面白くて、よく出来たゲームでした。


goe21.jpg

隠し要素とかも全部解除しました。やりこみましたよ。面白かった!

なにはともあれ、ナイスゲームでよかったです。


さあ、でろでろ道中をクリアしたし…、

次は…



goe25.jpg

『がんばれゴエモン~東海道中大江戸天狗り返しの巻~』をやろうかなと…(笑)。


最近、ゴエモンづいてきてます。

気になりつつもプレイしたこと無かったんですが、こないだ

例のディスカウントショップでえらく安く売ってた(700円)ので買ってみました。


やるど!



【ラノベを読む】

さっき『はがない』のところでも言いましたけども、

最近、ラノベを読むようになってきてます。

もう修羅の道に進もうとしてます。僕…(笑)。


アニメなどを色々見比べたりしてますと、

どうにも「ラノベ原作のアニメの方が話が良く出来ていて面白い」という

ことに気付いたんですよね。


hou115.jpg

とりあえずアニメを見てキャラクター設定が理解できている

『僕は友達が少ない』

『バカとテストと召還獣』

をちょこちょこ買ってきては読むという習慣が出来ました。


両作品ともごっつう面白いんですが、とりわけバカテスの方は

感銘受けるほど「笑い」があります。面白いです。

正直よく文章だけでこんなに笑える作品が書けるなと…。


僕もこういう方向を目指して行きたいかもという気がしてます。

なにせ、たくさん読んでますと、

「あ、こういう感じでキャラ設定をすることで話が動き出すのか!」

とか、そういう風に学んでいってます。


2013年はこういう風にね…、こうラノベからもどんどん学んでいってね、

面白い漫画などが書けるようになっていきたいなと思ってます。


あ、それとね…、僕が調べた限りでは誰も言ってなかったんですが、

バカテスの登場キャラクターの名前が

小林多喜二の小説に出てくる登場人物とちょこちょこかぶってるんですけど、

これは意図的なものなんですかね?


ってここで聞いても答えなんか帰ってくるわけ無いやんんん!!

んんんッ…!!

テーマ:イラスト - ジャンル:趣味・実用

copyright © 2018 大阪ドリームランド all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。